がもうこれ以上、お金に苦しみたくないと咄嗟に感じた表現がありました。
タイトルそのものが、私にとってのそのトリガーです。

” お金にもっと不安を感じ苦しめられる方法 “

苦しんでください!
もっと、不安を感じてください!

そう言われたら誰でも、その反対を望むものです。
だからこそ私は、このコンテンツを何度も読みました。

私は、お金に対してどのような意識を持っているのか、
という視点で読ませて頂きました。

疑問が沸いても、至る所にその答えが用意され、
読んだ後は、スッキリできていることに気づきました。

私はこのコンテンツを読むことで、
「 お金を喜んで受け取り、使う 」時間に交換することができると思い、
何度も読ませて頂きました。

” お金はあります。 “

” しかも、ただあるだけではなく
 「 あまり余っている状態 」です。
それも、誰のものでもないお金がです。 ”

この2つの文章は私にとって、
お金に対しての固定概念を、良い意味で壊してくれる「 気づき 」になりました。

気づきによって、
知らなかったことや見ていなかったことを実感する時、
その事実に驚かされ、1つ賢くなった気になります。

実際にそれは小さいかもしれませんが、
私はそれを成長と呼んでいいと思っています。

私がお金を敵視したり、不安の種に思うのは、
「 お金は、奪い合いを生む、諸悪の根源」という意識が、
私の苦しみを発生させていることに気づかされました。

あくまで、私自身が私の苦しみを生んでいることに、
その原因に、私は気づくことができたので、
とてもスッキリしました。

” 想像力があれば、お金の悩みからは解放されます。 ”

お金に対して、不安や否定的な印象が無ければ、
私はこのコンテンツに、これ程までに引っ張られることはなかったと思います。

その引力は、私に印象は変えることができると意識転換を起こしてくれました。

それがコンテンツの冒頭で強調されている、
「 想像力 」の成せる力だと、改めて思います。

” 無いものへフォーカスしている状態を今すぐ変えることです。 “

私は 無い物ねだりが大の得意でした。
しかし、それを「 崩したくて堪らない 」自分が居ることも、また事実でした。

憧れや夢は、毎日を生きる糧となりますが、
それが「 不健全な度合い 」で抱いてしまうと、
現実とギャップができてしまいます。

そこで咄嗟に、偶然出会った有名人の言葉を思い出しました。
「 私たちは不幸を数えるのは得意だけれど、
  幸せを数えることはしない。 」

「 灯台下暗し 」とはよく言ったものですが、
足元が見えていないと、遠くの光ばかりを追い求めてしまいます。

だからこそ私は、
今、十分に豊かである
という実感を大切に味わうことを実践することにしました。

” お金の確認を怠ってはいけない ”

私はこの言葉の真意を、コンテンツを読み終わってもしばらくは、
十分に汲み取ることができていませんでした。

その理由は、既に在る物にさえ焦点を合わせられない私には、
出ていく時の喪失感を、喜びに変える発想が無かったからです。

何度かコンテンツを読み返すうちに、
ようやく、このコンテンツの意図を理解することができました。

そこで、お金が喜びと価値を生む働きを、
私なりの言葉で振り返ることにしました。

私の100円が動く時、私が100円を喜んで払い、
他者が100円を喜んで受け取ることで、お金は倍加する
お金の真の働きに気づく時、
お金の本当の価値を受け取ることができる。

このように自身の中で気づきが昇華されると、
私の中で、お金に対する印象がガラリと変わり、
また言葉の力には、このような作用があることを実感し、嬉しくなりました。

” お金が欲しければ、” もっと執着するべき ” となります。”

このコンテンツの中で、このワンフレーズは印象深いものの1つだと思います。

しかし、わたしのかつてのお金に対する、曖昧な価値観は
「 お金に執着していないから、お金が回ってくる 」というものでした。

なるほど、私は曇りガラスの先に何があるのかを知ろうともせず、
鳥の雛が親が運んでくれる餌を催促するように、
漠然と、お金が降ってくる偶然を求めていたことに気づきました。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


私は長い間、お金の扱い方がわからず、
それにも関わらず、その原因を率先して追究をすることをしませんでした。

私は経験的に、お金に対しての失う感覚が強かったため、
執着すればするほど、
不健康なお金の印象と使い方が「 固定化 」され続けていたからです。

このことから「 お金が欲しかったら先に与える 」という真理に背を向け、
現実から目を逸らし続けることで、
自分自身と他者にお金を与えることを、
「 回すこと 」を叶えずにいたのだと思い至りました。

” お金の使い方を理解するためには、その価値を知る必要があります。 ”

このコンテンツでは、

  • お金を「 五感 」で確認すること
  • お金は人を喜ばせることができる「 便利なもの 」であること
  • お金は「 与える 」ものであること

などのように、
人にどんどん喜びと価値を回していくことが、
お金の使い方を理解している姿であると解説されています。

このお金の原理を知り、
以前、執着について学んだことを思い出しました。

「 頓着が強くなれば、愛着になり、
愛着が強くなれば、執着になる。」

これらの言葉の意味は、
ただの正負の度合いを示すことではないことを、
このコンテンツをキッカケに、自身の概念を再構築することに至りました。

私は大学で英米語学科を専攻していましたので、
「 Attachment 」という言葉がすぐに思い浮かびました。

Attachは貼り付ける、という意味です。

これまでの様々な経験と、行動心理に考えを巡らせることで、
私は自らお金に対して「 自分勝手な印象をくっ付けていた 」ことに気づき、
それならば、自分でその印象を外すことも可能だ、という答えに行き着きました。

それはつまり、
「お金の価値を知り、その価値が十分に発揮されるように扱う 」という視点を持ち、
あらゆるもののはなんとでも判断でき、活用することができるということです。

実際に習慣的にお金を使いこなし、
人を喜ばせる実感が定着するには、多少の時間はかかるかもしれません。

しかしこれまでのように、
「 お金に不安に感じ、苦しめられる 」ことが無くなった今、
私からのお金への印象を、愛着と呼ぶことにしました。

お金と仲良くなるには、こちらから愛着を持って接し、
いつの日もお金の役割を実感したくなったからです。

私は新たな気づきを得る時に、
私自身が「 健全であるか 」を意識させられます。

私は、お金の本来の働きや性格に目を向けることなく、
逆に、お金に働いてきた無礼を思い返し、申し訳なく思いました。

あらゆるものは繫がっていることを、
この「 すごい!潜在意識 」サイトが教えてくれています。
それはまるで「 駆け込み寺 」のようです。

あらゆる角度で多様なジャンルについて、気づきを与えてくれ、
私の現実にアプローチする「 フォーカス 」を変えるキッカケを、
次々に与えてくれているからです。

私はこのコンテンツで得た気づきの「 講習料 」として、
これからは、お金を回していくことで果たすことに決めました。

なぜなら、お金は誰のものでもないですし、
お金は巡り巡っていくことを学んだからです。

このコンテンツを読むことで、
お金について知り、発想を転換することで、
生き方さえも変わることについて、考える機会に恵まれました。

その結果、私はお金に対するイメージが変わり、
喜びのためにお金を回すことに、
フォーカスを当てることができるようになりました。

そうなることで、これからのお金とのお付き合いに対する、
実体のない不安が消え、心が穏やかになりました。
有難うございます。

これが、お金に不安を感じなくなり、苦しめられなくなる方法なのですね。

また 「金は天下の回りもの 」といいます。

誰もがその輪に入り、自分も人も喜ぶため、
喜んでもらうために、お金が役立ってくれていると思えたなら、
誰も不安や恐怖を感じることなく、お金と付き合っていくことができると思います。

私はそう思うことが、決して楽観的過ぎるとは思いません。

このコンテンツが、気づきを常時発しているように、
私はお金と喜びを「 セット 」で捉え、
私自身が、常に肯定的な印象と影響を周りに与えていきたいと、
心が、月の満ち欠けのように丸く収まり、嬉しいため息が出ました。

生活の中で、最も影響力があるといってもいいお金に対して、
不安が安心に逆転させることを叶えてくれた、
このコンテンツに対して、
そして、今も有り余っているお金に対しても、感謝したいと思います。