思考を現実化する薬(超短編小説4)

思考と薬

思考を現実化する薬 科学者がついに、思考を現実化する薬を開発した。  しかし、この薬の悪用を恐れ、周りに迷惑になるような思考は現実化しないように安全面での工夫を凝らした。 ※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか? スポン […]

洗脳と脱洗脳(超短編小説3)

洗脳と脱洗脳

洗脳と脱洗脳 あるカルト教団から、脱洗脳に成功させた者がいた。 ※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか? スポンサードリンク  脱洗脳は、成功したかのようにみえた。  十年後…  その脱洗脳を手がけた者が、カルト教団のよ […]

恐れ(超短編小説2)

恐れ これは、ある出版社内での会話である。 新米記者「編集長!編集長!」 編集長「どうした?何があった?」 ※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか? スポンサードリンク 新米記者「実は、記事を書くのが、怖くて怖くてたまら […]

始末に負えない(超短編小説1)

始末に負えない 20xx年、遂にタイムマシンが開発された しかしまだ限られた状況で、しかも1部の機能しか使えない。 その機能とは、歴史上の人物に会ってインタビューが出来るというものだった。 「それでは最初に、誰にインタビ […]