カテゴリー
成功法則

成功法則まとめ-成功法則を一気に学ぶ

成功法則とは?成功するための方法は、人それぞれであり、無限の方法があると言ってみてもいいかもしれません。
しかし、実は成功を分析してみると、ある一定のパターンがありました。

このように、成功には法則があることをご存じでしょうか?

ここでは、当サイトにおける成功法則のコンテンツをまとめてみました。

全然関係ない話ですが、大トロはとっても美味しいですよね。

なぜ、美味しいものを食べると、つい目をつむってしまうのでしょうか?
そうでない人もいるかもしれませんが、
わたしは舌から脳に脳内麻薬のような旨味が広がるような感覚がして、
つい目を閉じて味わってしまいます。 今回の成功法則も、味わっていただくことで、あなたの成功へとお役てください。
成功法則まとめ

成功法則まとめ

成功法則については、まだ途中ですが、順番にお読みいただき、
1つでも1つでも心肝に染めながら、お役立てくださいね。


成功法則の更に深い部分を音声解説でまとめたものはこちらから手に入ります。
⇒90日間願望実現プログラム
潜在意識とお金について科学的にアプローチした内容となっております。
※期間限定ですのお早めにお受け取りください
⇒90日間願望実現プログラム

 

願望実現の方法の詳細はこちら

 

成功者の偶像と実像とは?

カテゴリー
成功法則

成功法則と潜在意識1-確実な投資

潜在意識の成功法則を身近に引き寄せるには?

在意識の成功法則は、どんなに些細なことでも、
逆にとんでもない成功だとしても、共通している点があります。それは…

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



カテゴリー
思考は現実化する 成功法則

潜在能力を引き出す~まとめ4

潜在能力に限界はありません。限界は基準点として存在しているだけに過ぎないからです。

では、誰がその基準点を作るのでしょうか?

それは…
他ならなぬ”あなた”です。
いえ、
あなたであるべきなのです。

その基準点を作る際の参考になれば、との思いで、
様々な視点と元に、過去の記事を再編集しまとめました。
お役立ていただければ幸いです…

潜在能力を引き出す

潜在能力を引き出す~まとめ4

瞑想の方法(やり方)と効果について、簡単です

モチベーションアップの方法

モチベーションアップの事例~世の中モチベーションを下げる事例ばかりなり

50万稼ぐ視点-儲かってそうなところばかり見ないよう注意

成功者の告白~成功者の失敗、成功者が失敗者となる時…

ニーチェの名言と格言、そして思想に本で触れる(まとめ1)

潜在意識活用法~デッドポイントを切り抜ける9つのポイント

悩みが解決する方法~悩みの根源を粉砕する90日のメソッド

悩み相談する前に…悩みが”あっ”という間に激減するただ1つの秘訣

暗示で変わる!潜在意識の世界

潜在能力を引き出す:編集後記

実は、けっこう前にまとめていた4つ目のまとめでした。

ではなぜ、時間が空いたのか?
と考えてみたところ…
「4という数字は、1つのパワーが必要となる」
という結論に至りました。

ここでいう”パワー”とは、まさに潜在能力のことですが、
その中でも、本能的なエネルギーのことです。
もっといえば、男性的であり、攻撃的なパワーということになります。

1度スタートすると、3まではトントントンと進むのですが…

三日坊主とは、あながち的外れではない、
数字的なパワーも含まれていることに気が付きました。

これをけいきに、4という数字に注目してみるのも良いかもしれませんね…

カテゴリー
思考は現実化する 成功法則

潜在能力を引き出す~まとめ3

在能力を引き出す事は、ポテンシャルを引き出すことであり、あなたの可能性を引き出す事に繋がります。
これまでのいくつかの記事について、見直して追加編集しましたので、潜在能力を引き出すヒントにしていただければ幸いです

潜在能力を引き出す

潜在意識で治療の効果をグッと高めるためには?

やる気が出ない~モチベーションが落ちた時の3つの対策

思い通りになる!~願望を実現する2つの合法的ポイントとは

自己啓発で1時間以内に怯える領域が変わる5つの秘密

パレートの法則から学ぶメンタル逆転の法則

潜在意識では、手放す諦めるべきなのか?

注目!潜在意識を言葉で使いこなすための弊害とは

成功法則と潜在意識1-確実な投資

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



潜在意識の成功法則7~本気で手に入る質問力とは?

ありがとうの真の効果とは?

潜在意識にアクセスして脳に直にインプットするには?

心の成長を拒む、○○を浄化するカタルシスの謎

気の持ちようで現実は変わるの?

恋愛成就を潜在意識で自動化

お金を増やす方法

モチベーションの上げ方~モチベーション 5.0

モチベーションアップする理論と意味について

アファメーションの効果とは?

希望の高収入を得る-潜在意識で成功法則2

潜在能力を引き出す:編集後記

過去記事の加筆訂正をしていると
「躊躇や迷いを吹っ切れるまでは、まだまだ足りない」
という感覚が湧き出てきました。

カテゴリー
思考は現実化する 成功法則

潜在能力を引き出す~まとめ2

潜在能力を引き出す事は、ポテンシャルを引き出すことであり、あなたの可能性を引き出す事に繋がります。
これまでのいくつかの記事について、見直して追加編集しましたので、潜在能力を引き出すヒントにしていただければ幸いです。

潜在能力
営業で潜在意識を使いこなし成功するポイントとは

モテる方法~デートと摂取の関係性とは?

起業家精神~生き残るための境界線を知る13のヒント

直感力がフリーダムを呼び覚ます

行動できない理由を知る程、行動できない理由とは

時間の使い方1~失った時間を取り戻す唯一の方法とは?

潜在意識とお金との出会いについて

動画でイメージ増幅の謎…

お小遣い相場~月のお小遣いは、いくらですか?

 

潜在能力を引き出す:編集後記

過去記事の加筆訂正をしていると
「過去のコンテンツを復活させる、という行為は、死んだ価値に生命の息吹を与えているようなものだな」
という感覚が湧き出てきました。

カテゴリー
思考は現実化する 成功法則

潜在能力を引き出す~まとめ1

潜在能力を引き出す事は、ポテンシャルを引き出すことであり、あなたの可能性を引き出す事に繋がります。
これまでのいくつかの記事について、見直して追加編集しましたので、潜在能力を引き出すヒントにしていただければ幸いです。

潜在能力

簡単に性格を変える!その方法とは?実験求人募集[日当10万円]

英語の勉強方法~英語マスターの魔術師

夢ノート~書くと実現しない夢を食らう獏(バク)の存在

病は気から?その本当の意味

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



自己実現の方法、肯定と否定~その3つの実体とは?

自己投資とは?~望む収入の3%が成功パターン

鏡の法則~もし子供が…

自分を知る簡単な方法~光から闇へ、そしてまた光へ

潜在能力を引き出す:編集後記

新しい記事作成ばかりではなく、過去のコンテンツの見直しの重要性は分かっているつもりでアドバイスしていましたが、自分自身がいつの間にか忘れていました。

これは、最近になって、ある出来事を体験したキッカケに学ばさせていただくことで、思い出したことです。
よって、これからも”まとめ”として随時更新していきますね。

カテゴリー
成功法則 稼ぐ方法(ノウハウやビジネスマインドなど)

潜在意識の成功法則7~本気で手に入る質問力とは?

在意識の成功法則に則って進めていくに当たり、ここで1つの質問力を投げかける必要が出てきます。
※質問力とは質問するための力です

今回は、成功法則にそって実行するにあたり、
とても重要といえる質問力を、あなたに投げかけてみたいと思いますので、ぜひ考えてみてください。

重要な質問について

本気で手に入る質問力とは?

功法則に則って進めていくに当たり、ここで1つの質問力を投げかける必要が出てきます。

それは…

「これから、何をしようとしているのか?」
そしてそれを
「どのように行おうとしているのか?」

という質問力です。

あなたはこれから成功していく(何かを成し遂げていく)に当たり、
何を、どのようにしようとしているのでしょうか?

質問力が重要である理由とは?

なぜ、この質問力が重要なのか?

それは、この質問力がないところでは、何も成し遂げられないからです。

例えば、会社でもいいですし、何かのスポーツチームでもいいでしょう。
その中で、誰が何をしようとしているのか?
これが分からないところでは、プロジェクトは進みませんし、
チームもバラバラになってしまうわけです。

ジグソーパズルを想像してみてください。
ピースが1つでも合わないと完成しません。

何処に何をはめるのか?その前に、どんな絵をパズルにしようとしているのか?

ということを把握しておく必要があるといえます。
そして更に、チームの場合には、参加する全員が、
「どのパズルを組み立てようとしているのか?」を把握している必要があるのです。

スポーツの場合には、もっと分かりやすいと思います。

一人がサッカーをして、違う一人はバスケットボールをしようとしていて…
みんながバラバラに違う種目をやろうとしていていて、試合が成り立つでしょうか?

このように、あなたが成功へ向かって明確化していく中で、環境、感覚(気持ち)、人、スケジュール…など、
どのようなものを使い、それを成功させようとしているのか?
を、事前にしっかりと把握しておかなければなりません。

よくある傾向として、目的や夢を設定するまでは出来るのですが、またはアイディアはドンドン沸いてくるのだけれど…その先が全然進まない…
このような話は枚挙にいとまがないといえるでしょう。

これは当たり前といえます。

例えば、ハワイに行くと決めて、何に乗って行くのかを決めていないようなものです。
どのような手段を使って行くのかを決めていないと、泳いでいくことにもなりかねません。
その状態で、「いつまでたっても辿り着かない…何故だ?」と常に疑問を抱えているようなものとなります。

脚本や設計図もそうだといえるでしょう。
もし、映画を見に行って主人公が敵のボスを倒す目的がわかり、その後何の準備もなく乗り込んでいった…
という物語だったとしたら、どうでしょう?

このように、今現れている状況が結果として現れてくるのです。

ここで違う角度から見てみましょう。

パーキンソンの法則とは?

パーキンソンの法則について
のストレスの多くは、人間関係にあると思います。

例えば、職場の雰囲気です。

しかし、その大切な職場の雰囲気についてプランを立てている人は誰もいません。
ただ、与えられた仕事の流れに沿って進めているだけならば、ストレスは生じて当然といえるでしょう。

その理由は、人はベルトコンベアーの機械とは違うからです。
ベルトコンベアーの機械なら、メンテナンスで油をさしたり、というプランも含まれますが、
人間関係に関しては、放置されているのが現状であり、それがストレスを生む最大の原因となっているのではないでしょうか。

つまり、その場その場に生じた問題を、その場しのぎで処理しているだけになっている、ということになります。

これは人間関係だけでなく、職場全体でも同じようなことがいえます。

パーキンソンの第一の法則とは、

”仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する”
~パーキンソンの法則(Wiki)

という法則です。

つまり、与えられた全ての時間を使って仕事をこなそうとしているのです。

このような中においても、誰ひとりとして
「1日2~3時間の労働で、今と同じ収入を得られる仕組みが作れないか?」
と考える人がいないのです。
そのままの状態だと、行き着く先はどうなのか?
極端にいえば、過労死が待っているだけの状態となってしまうわけです。

では、社長はどうでしょう?

社長は自分で時間を管理します。
言い換えれば、全てが自由に使える状態ともいえるわけです。
そうなると、パーキンソンの法則により、全ての時間を潰して労働に勤しんでしまうことになり…

しかも、その労働自体も
「何をやっているのか分からない。」「本当に意味があるのか分からない」「目的に沿っている行動なのか分からない」
このような状態の社長も実際に存在しているのです。

この状態で売り上げを上げる事は、お金を湯水の如く使えるバブルでも来ない限り難しいといえるでしょう。

脚本の明確化とは?

いうことで、目的や夢を明確化出来たら次に、どうやってやるのか?

その脚本を明確に制作していく必要が出てくるわけです。

例えば、健康を目的とした場合、その方法としてランニングしたりフィットネスクラブへ通うなど、いくつか選択肢が出てくるでしょう。
ただ、その方法だけを漠然と考えているだけでは、達成の可能性は低いといえます。

なぜなら、まだイメージの世界に過ぎないからです。
そこで、ランニングだとしたら、どこで走りたいのか?どんな環境で?どんな雰囲気の中、どんな気持ちで?誰と?BGMは?…
など、詳しく設定していくことで、よりリアリティが高まってきますので、行動に繋げやすくなり、結果として実現するのです。

なぜなら、もしこれが同じランニング1つにしても、
光化学スモッグがたち込める工場地帯の中で、ダンプの音が渦巻く中で、毎日1人で走りたいと思いますでしょうか?

それよりも、綺麗な芝生が立ち込める中で、仲の良い友達と一緒に楽しい気持ちになりながら、或いはウキウキするようなBGMを聞きなながらする方が…

全く違う体験が出来ますし、それが全く違う人生になるはずです。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



最終的には、あなたの人生さえも、「どのような人生を送りたいのか?」
ということに対しても、「何をどんなふうにしようと考えているのか?」
という質問力に答えていく必要があるわけです。

このように、プランを超えた脚本を作成していく必要が出てきます。

このような記事1つとっても、楽しく笑顔で少しでもお役に立てるような情報を提供したい…
という脚本が出来ているからこそ、提供できているのです。
同じ様に仕事場も、全てのスタッフが笑顔で喜びに溢れてする、という脚本を立てているからこそ、
そのような状況を作れていくことになります。

何を何処でやりたいのか?
綺麗で静かな集中できる環境でやりたいのか?
それとも、雑音がうるさく空気の汚い気が散る環境でやりたいのか?
このような選択は脚本が創られているからこそ、用意できるのです。

もっと具体的にいうならば、仕事の環境1つとっても、
オフィスでやりたいのか?
それとも、外でやりたいのか?
あるいは、自宅つまりSOHOという形でやりたいのか?
または両方、あるいは綺麗なホテルの一室で、またはハワイのビーチで…

どのやり方を求めるのか?で全く違ってくるはずです。

特に現代では、ラップトップパソコンなどもありますから、
何処で?という選択は、とても重要な要素となってきているといえるでしょう。

他にも、例えばわたしはWebセミナーという形で、いくつかの教材を提供していますが、
その録音は自宅でも出来ますし、自宅でなくても、録音設備さえあれば、
楽しい気持ちでハワイのビーチでも語りかけることができる、というわけです。

何が言いたいのか?

このような「具体的にどうやってするのか?」という質問力が、プランの中に入ってくることで、
より鮮明なビジョンを描くことができるようになります。

という理由で、
何を?
どのように?
何処で?
という質問力は、とても重要な質問力となるのです。

更に重要な理由を決めるための質問力とは?

更に重要な質問について
なたはこれで「どうやってやるのか?」ということを決めました。

そこで次に、更に重要な質問力が出てきます。

それは”理由”です。
「なぜ、それが必要なのか?」
ということです。

この理由が必要な理由は…
いくら明確化して具体的な脚本を作りこんでいったとしても、
情熱や信念が無いと、行動を起こす原動力ややり遂げるパワーが出てこないからです。

その情熱や信念の根幹を作るために必須である理由を確認するための質問力こそが…
なぜ?」というクエスチョンになります。

「なぜ、そこでしたいのか?」
「なぜ、それをやる必要があるのか?」
「なぜ、その人としたいのか?」
…など

ユダヤ人で心理学者だったヴィクトール・フランクルという人がいます。

この方は、第二次世界大戦中にドイツの強制収容所に入れられてしまいます。
その中で、あらゆる拷問や苦痛を経験し乗り越えてきました。

彼は心理学者だったので考えました。
その過酷な環境で…
耐えられる人と、耐えられない人がいた、その違いは何だったのか?と

その答えが『「なぜ?」という質問力に答えていた』という事を結論付けるに至ったのです。

つまり、「どうしても、これを成し遂げる必要がある!!」という理由をもっている人は、
その状況が、たとえどんなに酷い環境だったとしても、それを耐えられるということだったわけです。

これは、耐える必要性を説きたい、というわけではなく、高いやる気をもって楽しくやり遂げていくには、
それに応じた「それを成し遂げたいと思える理由が必要なんだ」ということをお伝えしたいのです。

例えば、「お金が欲しい」という欲求だけでは、そこまで大きなモチベーションになりません。

お金を得ることで、家族を養える、仲間に色々な機会を提供できる、
自分自身も様々な挑戦の機会が出来ることで、より大きく社会に貢献できる、
友達を助けたい、子供を助けたい、世界平和に貢献したい…
だから、お金が必要なのだ、

というこのような理由がある人には、必ずお金が手に入る方法が見つかるわけです。

現実にするための質問力とは?

こまでの質問力に答えたら、いよいよ現実にしていきます。

そのための次の質問力とは…
「じゃ、いつやるの?」
という事をスケジュールに書き込む事によって、
これまで述べてきた事が、実際に現実に起こり始めるのです。

これまでのプランを、あなたの頭の中に入れた状態をいくら続けても、現実には反映されません。
つまり、あなたの外に書き出すことによって、はじめてそのプロジェクトは、動き始めることになります。

ということで、
「いつまでにやる」
ということを明確に書き出す必要があるのです。

その理由で、締め切りというのは企業でも作られていますし、
例えば、週刊ジャンプでも締め切りがなかったら…
あなたは、BLEACHやワンピースも毎週読むことはできなくなるでしょう。

この質問力の意味を深く理解している人は、意外と少ないのではないか?と思われます。

「いつやるのか?」

これを決めてからが本当の意味でのスタートとなります。
なぜなら、行動を起こすパワーが出てくるからです。

あなたが100%の力を使い、スケジュールをやっていくならば…
あなた自身も驚いて腰を抜かすほどの、それほどの結果が現れてくるに違いありません。

はい。

ということで、今回はここまでです。

今回も最後までお読みいただき、心より「ありがとう」と感謝を捧げます。
あなたの時間が許す限り、他の記事もお役立ていただければ、幸いです。

それでは、続きは次回でお会いしましょう…

⇒成功法則まとめ

プランやスケジュールについてもっと詳しく知りたいなら‥

⇒目標達成神話の5つの書き方~願望実現ノートの秘訣

いただいた「潜在意識の成功法則7 – 本気で手に入る質問力とは?」の感想と学びをご紹介

カテゴリー
成功法則 稼ぐ方法(ノウハウやビジネスマインドなど)

目標の明確化での間違いとは?-潜在意識における成功法則6

5w1h標の明確化において、思考は現実化しないことについて、これまでも様々な角度から触れてきました。
今回は、より具体的にその理由を解き明かした上で、実現する方法をお伝えしてまいります。

目標の明確化は力です~成功法則に則ったやり方

確な目標における成功法則においては、6w2hで成り立ちます。

願望を実現する際に役立つ6W2Hの使い方について、
ここでは、分かりやすくするために、質問形式で例文を添えて記載してみましょう。

1,(When)いつ、成功するのでしょうか?~期限を定める

ほかの時にできないか?
なぜ、その時なのか?
いつすべきか?
例:2015年6月まで(次のステージのための基礎を固める必要があるため)

2,(Where)どこで、成功するべきなのでしょうか?~場所を決める

他の場所ではだめか?
なぜ、そこだったのか?
どこですべきか?
例:PCの前で(フリースタイルの軸を定めたため)

3,(Who)誰が、成功するのでしょうか?~手助け含めキャスティング

ほかに誰かいないか?
なぜ、その人なのか?
誰であるべきか?
例:関わった人々、お世話になった全ての人(ご縁を必然というシンクロニシティとして捉えるため)

4,(What)なにを成功させるべきなのでしょうか?~目的の明確化

ほかに対象はないか?
なぜ、それだったのか?
何だったら良いか?
例:人類の進化(人類の次のステージを準備する必要があるので、科学と潜在意識の融合と宇宙への進出)

5,(Why)なぜ、成功しなければならないのでしょうか?~本当の理由

ほかに理由はないか?
それは必要だったのか?
それでなければいけないか?
例:人類の存在意義を確立するため(1人の成功が他の全ての成功に繋がるため)

5,(How)どうやって、成功するべきなのでしょうか?~方法を決める

ほかに方法はないか?
なぜ、そのようにするのか?
どうすべきか?
例:べき乗則に沿って進める(メカトーフの法則など)

6,(How much)どれくらい、成功のためにかかるのでしょうか?~投資金額の決定

他にもないか?
なぜ、それくらいだったのか?
どれくらいが良いか?
例:月30万円~70万円(10%の理論により)

7,(Whom)だれに、またはだれと、成功するべきなのでしょうか?~マスターマインドグループ

ほかに誰かいないか?
なぜ、彼らなのか?
誰が良いか?
例:0よりとんでもない成功を収める可能性を含め1000%信じられる人(既存の成功者ではない。理由は全てを任せられるから)

参考:5W1Hエディタ
https://plusblog.jp/tool/5w1h/

ここで記載した例は、まだまだ大まかです。
1つのことを成功させるためには、もっともっと具体的に書き出していく必要があります。

なぜ、具体的に書き出さないと実現しないのか?

功法則を使い、思考を現実化するために、6W1Hを使い方法を記載しました。

ではなぜ、このように具体的に書き出していく必要があるのでしょうか?

その理由は明らかです。
明確化は力となるからです。

潜在意識といえば、抽象度を高めることへ意識が向かいがちです。
確かに、1度、これまでに構築されてきた自分自身の軸となるゲシュタルトを壊すために、抽象化することの必要性が生じます。
※悩みを薄くする効果も期待できます。

とはいえ、実際に新たに成功を構築させていくためには、抽象化したままだと、何も何遂げられなくなってしまうのです。

想像してみてください。

何の設計図もなく、高層ビルを建設したことを…
そもそも建設が進行しないと思いますが、万が一たまたま上手くいったとして、
そんなビルにあなたは登りたいと思いますでしょうか?

おそらく危険を予想し、入りたいとも思わないでしょう。

実現するには、脳の中の構造を1度、明らかにした上で、具現化しなくてはなりません。
それが明確化ということであり、全てに当てはまる事実なのです。

しかし実際には、欲求1つとってみても、抽象度が高いままの場合が多いといえます。

例えばお金。

殆どの人がお金への欲求を持ち、「もっとお金が欲しい」と考えています。
しかしその時に「いくら欲しいのでしょうか?」と質問すると、それだけで答えられない人もいるのです。

答えられたとしても、思いついたように「月100万円あれば…」という感じになります。
そこで更に「なぜ、月100万円欲しいのでしょうか?」と質問をすれば、
もう、そこで答えに詰まってしまうわけです。

自分がいつも持っている欲求でさえも、このくらい抽象的にしか思考をしていないわけです。
つまり、「支払いがあるから…」など、ただ何となく…という場合が実に多いのです。
この状態では、潜在意識の中に埋もれて隠された状態となり、実現する可能性は低いと言わざるをえません。

わかりやすく言うならば、潜在意識の暗闇から取り出し、明らかにしなければならないのです。
それが、先ほどの6W2Hとしてノートに書き出す作業、ということになります。

ノートに書き出す方法は、他にもありますが、おそらく想像以上に大変だと感じると思います。
「面倒だな」と。
なぜなら、当然ですが、思考するだけならとても楽です。ただ思考に身を任せているだけですから。
しかし、思考から取り出す作業には労力が必要となってきます。

それこそ、額に汗をかき、脳からぎゅ~~~っと絞り出すような労力が必要となってくるのです。

慣れてないと、終いには頭全体の温度が上がり、知恵熱のような症状が出始めます。つまり、脳のオーバーヒートのような状態です。
これは何を意味するのか?と言いますと、
それほど、その部分は使っていない、ということになるわけです。

とはいえ、現実化するためには明確化は必須となります。
これを知らないと、もとい、これをやらないと、現実化しないといっても過言ではありません。

より願望を明確化するには?

明確化
望が曖昧だということを、ご理解いただけたでしょうか?

他にも、もう少し例えを出すために、具体的なやり取りを記載してみましょう。
※これは実際にあったやりとりです。

「なぜ、お金が必要なの?」
「お金があったら、何をしたい?」との問いに対し、
「旅行へ行きたい」と答えました。そして、その次に「では、何処へ行きたい?」と聞くと…
「ギリシャへ行きたいですね」と答えました。次に「では、どの位の期間、行きたいですか?」
答え「そうですね。パルテノン神殿やヘファイストス神殿とか見て回って、イオニア諸島も観たいから…5日間くらいですね。」
質問「そうですか。では、それはどの位のお金が必要でしょうか?」
答え「そうですね。妻と2人で行きたいので、今の時期だったら…4,50万円くらいでしょうか…」
質問「あなたの月収はいくらでしょうか?」
答え「はい。月40万円ほどです…」
質問「では、なぜ直ぐにいかないのでしょうか?」
答え「…」

このような感じです。

私たちは、いつかではなく、直ぐに夢を実現できる力を持っています。
しかし、色々な理由付けにより、それを拒む働きが出ているのですね。
つまり、実現しない理由の方が、明確化されているといえるのです。

人は凄い事が出来ます。
それは先程の、超高層ビルが数多く並んでいる姿を見ても明らかですし、
その以外でも、これまでに、数え切れないほど信じられないものを人類は実現してきているわけです。

では、なぜ実現しないのでしょうか?

実現しない本当の理由とは?

現しない本当の理由とは…

その答えは明らかです。
「明確化されていないから」
ということが答えとなります。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



もう1度、自分自身に問いかけてみてください。

「わたしが本当に欲しいものは何なのか?」
「心から達成したと考えている結果はどんなことなのか?」

殆どの人は欲しい事の明確化よりも、失いたくない事の明確化をしています。

なぜ、このような事がおきるのか?というと、
それは、損失回避の心理が働くからです。「失いたくない」と。
具体的には「失業したくない」「倒産したくない」など…

すると、どうなるのか?

そうです。その状況が引き寄せられてきます。
これはオカルト話ではなく、強く明確に思考するほど、表層意識から無意識の全てをかけて、
そちらの方を実現しようと全力を尽くしてしまうわけです。

一言でいえば「叶えたくない現実を作リ出すために全力を尽くす状態」といえます。
あなたはこれを聞いて「そんな馬鹿な。」と思うかもしれません
しかし、潜在意識には、強く明確に思考するほどに、答えを出す(現実化する)ように働く法則があるのです。

その理由で、あなたが不平不満を口にするほど、マイナスの感情や言葉を口にするほどに…
そうです。
更に実現され、その現実が強化される、という悪循環が出来上がってしまいます。

もちろん、不安やうっぷんが溜まって冷静な判断が出来なくなっても意味がありませんので、
カタルシスの効果を使い、吐き出す事も時には必要といえるでしょう。
ただ、それは割り切って一気にやる必要があります。
日常生活で習慣的にやると、それが現実になってしまう、ということになるわけです。

ということで、「何かを欲しくない、失いたくない、避けたい…」ではなく、
実際に、「何が欲しいのか?」という事に対し、明確なビジョンを出す必要があるのです。
そして、その時「手に入らない理由」を明確化してはいけないことに注意を払う必要があります。

わたしが昔からよくする話で「アラジンの魔法のランプ」があります。
あなたの目の前には、目に映らないだけで、常に魔人がいるわけです。
あなたが、部屋に誰もいない一人だけの時も…
そして、その魔人が物語と違うところが1つだけあります。
それは3つだけではなく、全てを叶えてしまうのです。※実際の物語も3つではありませんが…

ということは…
そうですね。
先ほどのネガティブな感情も全て叶えてくれるわけです。

しかも、本当に叶えて欲しい願いは曖昧であるため、
魔人は、どのように叶えてあげたら分からず戸惑っている状態になっているのです。

具体的でないと実現しない理由とは?

思考を構築する
れでは、更に具体的な話をしましょう。

例えば、子供のころ家族に「クリスマスプレゼントは何がいい?」と聞かれ、
「そんな事、自分で考えてよ」と答えたとしたら…どうでしょうか?

もしそうであれば、家族は普段のあなたの行動から推測するしかなくなるので、
あなたの本当に欲しいものが手に入る確立はグッと減ってしまったことでしょう。

その時に「5つの合体で完成するロボットの足だけが無いから、足が欲しいな」と言っていれば、
相手はあなたのことを大切に思っているのですから、目が覚めると…そこにあるわけですね。

自然界の成功法則に関しても、全く同じことがいえます。
母なる大地、空なる父から、あらゆるものは誕生します。
思考も大気圏をこえ、反射してきたものが実現する現象や素粒子レベルでの見解など…
このような話をするとキリがないので、もっと具体的にいえば、無意識で現実を創っているということです。

例えば、もし夫婦ケンカで相手が自分の事をけなしている、という思考が無意識で働いたことで言い返していた場合、
実際にそのような状態になると、自分自身で言葉や行動などを態度に現しけなす状態にもっていくわけです。
もし、そうならなかったら…
つまり夫婦ケンカになると、あなたを尊重するセリフを相手が言ってきたとしたら…
「オカシイ、これは現実ではない」という不安が無意識内に起こることで、そうなるように行動を起こし持っていく…
そして、現実となる…ということになります。

仕事でもそうです。
「そこそこは出来ないと…仕事を失わないためには…」という意識が現実を作ります。
ここでもし、明日から”仕事が出来る自分“がいた場合、それは現実ではないと感じてしまい、引き戻してしまうわけです。

この現実は、何年もかけて構築された現実です。
自分の現実はこうである」という現実となります。
自分はこうであるという現実が、周りにとってもそのように移りますので、そのような現実を創る手伝いをしてくれます。

それは専門用語でいうなら、「セルフエフェカシー~自己効力感 (じここうりょくかん)(self-efficacy)」「セルフイメージ」ともいえるでしょう。
これが自信や自尊心にも関係してくるのですが、”こういう自分であるべきだ”という姿を現実に映し出す、ということになるわけです。
※ちなみに、これが低くなってしまうと、それに比例して、他人に対して嫉妬心などが強く出てくる傾向が生じてきます

無意識を意識するトレーニングについて

いうことなので、自分の無意識を意識するトレーニングが必要となってきます。

これは宇宙の96%が暗黒エネルギーと暗黒物質であるように、無意識の領域も脳の殆どを占めていることこになるからです。

それほど無意識が占めている状態に関わらず、
現実に影響を及ぼす無意識に意識を向けるトレーニングをしないで、
「現実が思うように上手くいかないんだ」
と思える現実が出来上がってくることは、至極当然の結果ということになります。

そこで、無意識に意識がいっていない例を出すなら…

今日見た広告の量を思い出していただければわかるでしょう。
「あなたは今日、いくつ広告を見て、そのうちのいくつの広告を細かいところまで思い出せますか?」
他にも、
「あなたが昨日食べた食事は?おとといは?その前は…」
いつまで思い出せますか?

思い出せないとしても、あなたは間違いなく数百の広告を目にしていますし、毎日、食事もしています。

では、この記事の文章は…
「何文字思い出せますか?」

このように、人はその殆どを無意識に過ごしています。

この理由は脳への負荷軽減のために起こっているのです。
つまり、適当に過ごしている、ということになります。

逆に、現実を変えない方法は簡単です。
「全てを分かっているつもりで生活するだけ」となります。
学びさえも、学んでいるつもりで、もう分かったと思うことで、
エビングハウスの忘却曲線によらずとも、1分事に忘れていくわけです。

しかし…

無意識は観ていますし、全てを覚えています。

例えば、脳の手術で脳の色々な部位を電極で触ったところ、
本人が絶対に覚えていないような、遠い昔の記憶が細部まで蘇った、というデータもあるのです。

ということで、あなたが何気なく観ているもの、聴いているもの、読んでいるもの…それら全てが、脳中に収容されているといえます。

ここまでお伝えしてきたことで既にお分かりのように、意識とはキッカケに過ぎません。
現実に願望を実現させるためには、その膨大なデータベースにアクセスすることで、明確化しておく必要があるのです。

はい。

それではこれからは、是非とも思い通りになる現実を明確化していってください。

次は、更に成功法則について明確化していきたいと思います。お楽しみ。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

お時間の許す限り、他の関連記事も読み返すことで、ドンドンお役立ていただければ幸いです。

⇒成功法則まとめ

いただいた「成功法則6 目標の明確化での間違いとは?」の感想と学びをご紹介

カテゴリー
成功法則 潜在意識からの視点

潜在意識の真の意味とは…

潜在意識の真の意味とは、無意識の領域の全てとなります。

潜在意識の意味

意味を知る重要性

は、潜在意識の意味を知ることよりも重要なことがあります。

それは、潜在意識では意味付けをすることこそが、コントロールする秘訣となるからです。
これまでも何度か申し上げてきたたように、意味付けとはタグを無意識にはることを意味しています。

あなたは、どんな事で怒りますか?
あなたは、どんな事について不快感を現しますか?
あなたの笑いのツボはどんな事?

このような、無意識に行われているパターンが作られるキッカケこそが、意味付けをしていることとなります。

ということで、人によって、意味付けは様々です。
どんな事についてもいえますが、人が行動を起こす時、その人によって様々な理由(意味)が存在しています。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



ここではあえて、潜在意識という言葉の意味に少し触れてみることにしましょう。
始めにお話したように、潜在意識とは無意識の領域全てとなります。

その理由で、広範囲の意味を含めて潜在意識という言葉で表現されることとなります。
その程度の広範囲なのか?
それは、宇宙大です。それはある意味では、無限大を意味しています。

ということで、一見凄い印象がありますが、これは言い換えるとという言葉でも言い表せられる通り、
それだけでは、何もない、それこそ何も意味のない状態ともいえます。

では、潜在意識を現実的に活用するにはどうすればいいのか?というと、
入れ物に固定する必要があります。
その入れ物とは、あなたという身体であり、言葉やフォーカスしたキーワード(重要度)といいうことです。

その理由により、どこにフォーカスしていくのか?
このたった1つの質問こそが、潜在意識の意味を知る上では重要な事となります。

カテゴリー
成功法則 稼ぐ方法(ノウハウやビジネスマインドなど)

成功法則5-今日、成功する法則とは?

功法則と聞いて、あなたはいつまでに成功したいと思っているでしょうか?
現実として、あなたが今抱えている問題は、どんな事がありますか?
それを今日、同時に解決できるとすれば、いかがでしょうか?

その法則についてまとめました。

今回は、前回からの続きとなります。
⇒成功法則4-変化創造
身体の使い方

3,身体の使い方で状態を変える

体の使い方をチェックすることで、今の状態を把握でき、
使い方を変える事で、心の状態をも変える事が可能となります。

では、具体的にどうすればいいのか?

分かりやすくいうならば…

身体の使い方を上げる方向へ持っていくと、気持ちや感情も上がります。
逆に、身体の使い方を下げる方向へ持って行くことで、気持ちも沈んでいくことになるのです。

具体的には…

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク



顔の表情をたるませる、口元を下げる、眉間にしわを寄せて目元を下げる、肩が落とす、頭を下げる、背中を丸める…etc
すると、呼吸も浅くなってしまい、結果、気分も落ち込んでしまいます。
これはある意味において当たり前といえます。
なぜなら、この身体が落ちた状態でウキウキした気分をしてみることは、とても難しいといえるからです。

このことは、一般的には逆に考えられる事が多いでしょう。
つまり「気分が落ち込んでいるから、身体の動きも落ち込んだ動きになってしまうのだ」と。

実は逆なんですね。
身体の使い方が落ち込んでいるから、気分も更に拍車をかけて落ち込んでしまうわけです。

ということは…
そうです。
身体の使い方を変えることで、気分も変える事ができます。

この事が、直ぐに出来て簡単に分かる方法としては、
”上を向く”
これだけです。
そうすると、酸素を沢山取り込めるようになります。

試しに、上を向きながら気分を落ち込ませてみてください。
或いは、スキップしながら落ち込んでみてください。

とても難しい”ということに気が付かれると思います。

もしあなたの日常生活が同じ繰り返しで、退屈でつまらないと気分も沈みがちだったとしたら…
それは、身体の使い方をそのように使っているだけに過ぎない、ということになるわけです。

次に、更に具体的な身体の使い方をお伝えしてまいりましょう。