カテゴリー
感情 超短編小説 1分間でドンドン覚醒を促す、世にも可笑しい深話

恐れ(超短編小説2)

恐れについて

恐れ

れは、ある出版社内での会話である。

新米記者「編集長!編集長!」

編集長「どうした?何があった?」

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

新米記者「実は、記事を書くのが、怖くて怖くてたまらないんです。
なんて言われるか、どう評価されるか…考えると夜も眠れません。」

編集長「そうか…」

編集長「その事は、読んでもらってから悩め。」

新米記者「分かってるんですが…もしもの事を考えると…」

編集長「オレは、お前が読んでもらうという前提で悩んでいる事が、怖くてたまらないよ。」

デスクは恐怖に包まれたのだった…

作成者: 山田將捲

んにちは!運営者の山田將捲です。

これまでの3000人以上をサポートしてきました。

メンタル面は元よりネットビジネスのサポートならお任せください
ご縁に心より感謝申し上げます。
赤飯と蜘蛛が苦手です。 スパゲッティが大好物。
小さなことにこだわらず、小さなことをおろそかにしません。
あなたの夢を叶える事をお約束します。そのお手伝いが可能です

⇒【はじめての方へ-案内板はこちら】

運営者からご挨拶音声

サブリミナルCDランキングはこちら