恐れ(超短編小説2)

恐れについて

恐れ

れは、ある出版社内での会話である。

新米記者「編集長!編集長!」

編集長「どうした?何があった?」

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

新米記者「実は、記事を書くのが、怖くて怖くてたまらないんです。
なんて言われるか、どう評価されるか…考えると夜も眠れません。」

編集長「そうか…」

編集長「その事は、読んでもらってから悩め。」

新米記者「分かってるんですが…もしもの事を考えると…」

編集長「オレは、お前が読んでもらうという前提で悩んでいる事が、怖くてたまらないよ。」

デスクは恐怖に包まれたのだった…

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

Scroll to Top