行動できない理由について

行動できない理由を知る程、行動できない理由とは

動できない理由を調べている理由とは、行動出来るようになりたい、という欲求からですよね?

もしかしたら「単に好奇心から」という人もいるかもしれませんが、ここでは行動できないと困る人を対象に、その理由を独自の視点でお伝えしてまいります。

いきなりですが、人の一生は80年と計算すると、約70万時間です。
多いと感じましたでしょうか?
その内の1時間が、今まさに過ぎようとしているのですが、もう少し具体的に…

日本人は一生で52日分もの時間も探し物をしている

調査によると、日本人は一生で平均52日分もの時間を探し物に費やしているという。具体的言うとで7万5322分だそうだ。これを時間に換算すると、1255時間である。

引用元: 「時間がない」って言ってる場合じゃない!! 日本人は一生で52日分の時間を探し物に費やすという調査結果 | ロケットニュース24.

これは純粋に探しものですが、インターネットの検索してサイトを見る時間を計算すると、6年分ほどになりそうです…

わたしは特に、リサーチに時間を費やし過ぎる達なので、反省するところですね…
なので、短めに…

そういえば今日は、ネットの接続環境が改善された、と思いきや、
その夜にはサイトに不具合があり…とアップダウンの激しい1日となりました。

行動できない理由について

行動できない理由では行動できない理由とは

動できない理由もっともな理由についての情報は、他のサイトにお任せします。
ここでは行動できない理由を、もっと抽象度を上げて独自の視点で観ていきましょう。

まず、極論から言いますね。
行動できない理由を、行動できない人は見てはいけません。
そんな事をすれば、ますます行動できなくなってしまいかねません。

とはいえ、おそらく対策を練ろうとお考えの上、行動できない理由をお調べにになっていると思います。
しかし、その対策がスムーズにいくようなら、既に行動できているはずです。

なので、行動できない理由を探すよりも、行動できる理由を探した方が賢明だといえるでしょう。

行動できる理由が分かった時でも、行動できない時には

動できる理由にしても、多くの書籍やサイトで、素晴らしい内容を書かれている人は大勢います。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

-----

⇒[新]潜在意識活用法-潜在意識のブロックを外す意外な方法

その内容をみても、行動できない時には、鬱的症状が病院のお世話になるレベルでないのなら…
命に関わる状況でない限り、行動しなくても良いと思います。
命に関わる状況で行動できない事は、ありえないでしょう。

では次に、行動しなくても良い状況になったところで、行動していないか確認してみましょう。

どういうことなのか?

心臓は行動しているでしょうか?
呼吸はしていますでしょうか?
食事を取る行動は?
1秒以上寝ましたか?
1歩以上歩いたでしょうか?
マウスは動かし…

このように、今、実際に行動している事実を確認してみます。

そして、あなたは「私は行動していた」という事実を再認識してみることです。

もしここで、「いや、そういうことじゃなくて、仕事とか、やんなきゃならないんだよ…」
という事でしたら、仕事にしろ何にしろ、何を動かし行うことで出来るのか?
ということを、細分化してみてください。

1つ1つの行動をバラバラにしてみるのです。

これで、行動出来ている自分自身を作り上げていきます。

考えすぎて行動できない心理学を理解し、行動出来ている人の共通点

動出来ている自身が認識できたら、何をするのか決め、あとは行動するだけです。

簡単でしょ?

ん?簡単なわけない…ですか…

分かりました。

それでは、まず準備だけしてみてください。
そして、少しだけやってみることです。
準備さえ出来れば、ほんの少し、だけでokです。

車と一緒です。

走り始めさえすれば、あとは少ないエネルギーで済みます。
そして、勢いにのりさえすれば習慣化できるのです。
習慣化さえできれば、「行動するの、やめろ!」と、私が言ってもあなたは怒ってしまい、辞めないでしょう。

勢いづいたエネルギーを止めるには、スタート以上のパワーが必要なのです。

その時は…

「行動を辞める理由」を調べてみてください、

この言葉で出てこない時には、「依存症」で調べてもいいでしょう。

ここまでですね。

これ以上は、読む行動は…

出来るなら、あなたのお時間が許す限り、
他の記事もよろしければ読んで言っていただければ幸いです。

最後に、ご安心ください。
偉そうに言っている私自身も、以前は行動が出来ない人間でした。
「何もしたくない」という時期を経験した事があるのです。
その時の時間の流れはとても長く…
そんな人間でさえ、ここまで人の悩みを考え、文字を打つ行動が出来たのですから…

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、またお逢いしましょう。

会員さまは全てのコンテンツが観覧可能です。
加えて、『Mypage』より、お気に入りに追加して管理することが可能です。

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

Scroll to Top