カリスマ製造法カリスマ性がある、という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

カリスマといえば、数年前よりカリスマ美容師などの言葉が流行り始めましたよね。
元々カリスマとは、影響力がある人の事をいいます。
そして影響力とは、新ビジネス扇動心理術~ビジネス心理術編[第三部]でも触れましたが、皆が支持している物は信用できると思い込むことで、更に強力な影響力つまりカリスマ性を持つようになるのです。

なので、カリスマとは特別な人だけが成り得る、いわゆる”遠い存在”(自分とはかけ離れた存在)だというイメージが定着してしまったといえます。

しかし、これからは違います。
誰でもカリスマに成り得る、ということを証明してまいります。
証明する理由は、全ての人が特別な存在だからです。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


今回お渡しする教材は、5年ほど前に作成した、とてもシンプルで短いものです。
元々、質問への答えとして作成したのですが、その時にこの答えを受け取った方は、、
既に、ご自身でも気づかない内にカリスマ性を帯び、多くの人へ影響を与え始めています。
※わたしは特に力を貸しておりません。そっと見守っているだけなので、全てご自身の力によるものです。

ともあれ、これからは、全ての人がカリスマと成り得る可能性を提示していきます。
とはいえ、全ての人が成り得るというわけではありません。
その理由は、1度形成されたもの(ゲシュタルト)を壊さなければならないからです。
※これにつきましては、この教材には含まれておりません。別の機会にお伝えします。
ただ、真剣に悩みと向き合っている人ほど可能性が上がります。

それでは、始めてまいりましょう。

『カリスマ製造法』
※パスワードはお届けしたメルマガ内に記載しております。

追伸:
やってみなければ誕生しません。やってみると誕生します。
今からがとても楽しみですね。