瞑想は潜在意識にアクセスする方法としては、理想的な手法と呼べるでしょう。

普段の雑多な日常の中で、なかなか気が付かないであろう自分の中に眠る能力にアクセスし、開花してくれる効果を期待できます。
瞑想

瞑想のやり方の基本とは

想のやり方の基本とは、まず静かにすることです。
そして、静かに集中するだけとなります。

何に集中するのか?     それは自分自分の心です。

もう少しいえば、その自分自分の心と宇宙を繋げるイメージをすればいいでしょう。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


ということで、前提としては、静かな環境をまずは用意しなければなりません。
そうすることで、集中しやすくなるでしょう。

ちなみに、瞑想と似ている禅では、座って行うだけではなく、立って行う立禅や逆立ちして行う方法もありました。
もちろん、動きながらやる方法もあります。
これは武術の部類に入ってくるので、ここでは深く話しません。

ただ、そうでなくても、瞑想を1日1回継続しながら習慣化することで慣れてきたら、例えば、通勤電車の中でも瞑想が可能となります。
もっといえば、パチンコ店の店内のような騒がしい中でも出来るようになるのです。

これは脳でいえば、リラックスした時に出るアルファ波の状態にできるので、スポーツや試験本番などでも応用可能となるでしょう。