モチベーションアップ理論

モチベーションアップする理論と意味について

モチベーションアップ理論チベーションをアップする理論と意味についてモチベーションはモティべーションと呼ばれていて動機付けを意味します。
調べればいくらでも出てくると思いますし、モチベーション論に関する本も山ほど出ています。

例えばアマゾンでリサーチ代わりにモチベーションと検索すれば現時点で4313件ヒットするほどです。
それほどにモチベーションを必要としている人が多いということなのでしょう。
仕事や写真教育に対するモチベーション管理から、主婦の方のダイエットに対するモチベーションまで、人が何か行動を起こすときモチベーションがまず起こることが認識されてきているからなのかもしれませんね。

ここでは、モチベーションについて、様々な角度から要点を絞ってまとめてみたいと思います。

モチベーションアップの理論、モチベーションの始まりとは

チベーションという言葉ないほどの昔では、知らず知らず活用していたのか、或いは動機付けする間もなくやるしかないという状況が多かったのか、あるいは…
その答えはともかく、現代では心理学の発達とともにモチベーション管理もコントロールできるようになりたいという欲求が生まれてきたのはある意味

余裕の現れともいえます。

ボランティアのモチベーションに関しましても、そもそも論的な意味合いも出てくると思われます。
モチベーション 3.0は最近話題の本ですが、心という曖昧な部分に対し元々実行力などの本でも知られている行動科学や心理学での動機付けであるご褒美を与えることで、モチベーションをアップする方法に対し、もっと自由にという意味においてのモチベーションをアップさせるための理論ともいえます。

ダイエットなどのモチベーションについて

イエットや掃除などのモチベーションを例にわかりやすくとらえてみると、特にダイエットはご褒美に与えものは何か?

それが食べ物だったらややもするとリバウンドに繋がってしまいますので意味をなしませんし、もてる(注目を浴びる)または自信をつけること、というご褒美も曖昧になってしまいます。
もしかするとこれがダイエットのモチベーションが続かずダイエットビジネスが繁盛している理由になるのかもしれません。つまり繰り返されるという方式です。

ダイエットのモチベーションの場合は理論とまではいきませんが比較的簡単に解決できます。これは逆説的になりますが、ダイエットを目標にしない方法を提案します。
つまり結果的にダイエットになってしまった、という状態を意図的に作り上げるのです。例えば無人島に住んでみる、とか現実的でなければ、仕事を3つかけもってみてみる。食事をたっぷりとる暇をなくすなど、強制的な手法もあります。

ちなみに健康的なダイエットとはとてもいえませんが、病気をすれば必然的にやせます。
ただ現代人はゆとりからくるわがままもありますので、そんなことまでわざわざしてダイエットしたくないと思われるかもしれません。
経済社会の中ではその心理的欲求に答えるため、出来るだけ楽に簡単に何もしないで、というものを与え続けていくことになりますが、それがかえってモチベーションを維持できない意志の弱さをつくってしまう悪循環にもおちいりかねないと思います。

行動科学におけるモチベーション理論とは

動科学のモチベーション理論はそんな現代人のために理論的に行動心理を分析して、誰でもモチベーションを上げられるように出来上がってきたのです。
わたし自身はモチベーションアップの達人というものは元々熱い性格ということもあったのですが直感的にでた形容詞であり、モチベーションの理論などに対し勉強を本格的にしたこともありませんでしたし、モチベーションに関する本もほとんど読んでいませんでした。
それでもモチベーションは上がり続けているのです。故にこのサイトでは理論というよりも、より実践的なオリジナルのモチベーションアップの方法となります。

ただモチベーション理論と意味と題する記事を書くにあたってこれではいけないとモチベーションに対する知識を吸収しはじめたのですが、もしこれで万が一モチベーションが下がってしまったらどうなるのでろう?それはそれで面白いのかもしれない、という思いでチェレンジしていきたいと思います。

モチベーションとは実は理論ではないのかもしれません。それらをふまえた上でオリジナルのモチベーションアップの方法を更に強化をしてまいります。

行動科学

モチベーションのabcd理論とは

ころで、モチベーションでいうabcdの理論をご存じでしょうか?

モチベーションを維持するために必要なモチベーションの源泉としてハーバード・ビジネススクールのニティン・ノーリア教授の研究によって述べられた理論です。
勉強を少しておられればモチベーションのabcdは既にご存じでしょうが簡単に説明をしますと、「獲得」「絆」「理解」「防御」という4つの欲を源泉にしているという理論となります。組織でやるときはわかりやすくてよいでしょう。これはよく社員や仕事のモチベーション研修に用いられるものです。

ただ、覚えておいていただきたいのは、コントロールする側としてはいいのです(この意味は外部に影響される力を使ったモチベーションコントロール方ということです)。
ここでは外部にコントロールを委託するよりも自身で自らが作り出すモチベーション技術を提案します。

根本的動機付けとでもいいましょうか、これはここでのオリジナルの造語ですが、この意味は元来赤ちゃんのように動機付けは自分の好奇心で持つことができやる気を出せと言わないでもドンドン行動を起こし学んでいきます。
現在のモチベーション理論での限界は学ぶほど情報により重くなってくるリスクもある表裏一体の方法だということです。

その点根本的動機付けは気づきを探求していくだけで、今いる自分が何気ない日常の中で新しい発見をしていくことによりモチベーションアップにつながるものです。
これはモチベーション 内発的動機付けのようにみえますが、マズローの5段階説として考えるというのは、それが「わかりやすい」というだけでどの段階にせよ結局は外部に依存してしまうことになってしまいます。

モチベーションのインセンティブは、外的要因を必要とするが故に人間関係や部下のモチベーションの管理などそれ自体がストレスを感じ、モチベーションを下げる外的要因となってしまいかねません。

面白い話があるのですが、モチベーションを指導するべきプロの立場の人が、同業者に対しモチベーションが下がるような要因を与えることも現実としては起こっているのです。参考までに記しました。

さて、リンクアンドモチベーションはモチベーションを切り口としたコンサルティングの会社ですが、中々に大きい会社といえます。
モチベーションの社員研修を中心に向上をうながし会社の利益を上げていくやり方でもここまで収益を得ることができるのですね。リンクアンドモチベーションってどんな会社なのか詳細は検索して調べてみられてください。モチベーションマネジメントでも出てくることでしょう。

モチベーションと言葉

チベーションを向上させるためには、他にも言葉が大切な要素となってきます。
モチベーションが上げるような言葉や音楽は元より、自分が発する言葉にもモチベーションをあげるような言葉を発するように気がけていくことです。
何気ないこの気遣いが結局「モチベーションが高い自分自身」というスタンスを作り上げていくのです。

他にも、筋トレに対するモチベーションに関しましては、モデル化としてつくられています。
例えばスポーツ選手のメンタルトレーニングと同じくモチベーションアップの方法をモデル化することによりやる気を促していくのです。

これはセミナーでも同じ事がいえます。1つのパターンを作ることにより例えばモチベーションシートにチェックしていくなど、これらは多人数相手の企業に適しているといえるでしょう。
ただその場合には、兵士を訓練して即戦力を作っていくことには役立ちますが、長い目でみていくと弊害もでてきます。
なぜならばその人の持ち味を殺していくことにより知らないうちにストレスをためていくことに繋がってしまうのです。
そうなってしまうと、企業にとっては成果が上がったですむ話ですが、各個人にとっては例えば会社を定年退職した後、燃え尽き症候群のようになりかねません。
つまりベトナムから帰ってきた兵士のようになってしまうのです。そうなるとかえってカウンセリングの必要性が増してしまいます。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

ダイナマイトモチベーションとは

に他の方法として、ダイナマイトモチベーションをご存じでしょうか?

石井浩之氏によるダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラムのことです。この効果や評価は各人において様々だと思います。ただTVや本などでメディアの露出も高い石井浩之氏にはファンも多いので、本当の効果や評価などは実際に試してみないとわからないところです。

ここまでつらつらと様々角度からモチベーションいついて書いてみました。

では、モチベーションとは結局のところなんなのでしょうか?

営業や英語を学ぶとき、壁にぶつかりモチベーションの低下を招いてしまうこともしばしば起こります。
「やってられないよ」と思えることは日常茶飯事に起こりますので、事例として上げることはたやすいことです。

そもそもモチベーションが下がる時というのは、何かと比べる時に生じやすいものです。

会社でもやる気(モチベーション)があるのか!と怒鳴られ、こっちも一生懸命やってるんだよ!と思うたびにモチベーションが下がり始め、これではイカンとモチベーションの上げ方を学び始めたのはいいけれど、いったん下がりはじめたモチベーションを復活させることは並大抵のことではありません。

ワークモチベーションのように、目標を持っている時はいいけれど、逆に目標を見失ってしまったら最後です。

特にルーチンワークのように同じ作業の繰り返しでは、モチベーションを維持することすらままならないでしょう。
そもそもベルトコンベアーの誕生自体が、便利性と人間性を交換してしまったようなものなのですから。
倉持さんのように素晴らしいモチベーションを保ち続けられればいいのですが、同じ作業の繰り返しになってしまった時は、工夫し新しい目標を作り続けなければ、モチベーションの維持は困難となってきます。

モチベーションの論文をわたしは書くつもりはありません。モチベーションを維持するしか生き残る道はないとしたらどうでしょうか?

人間に備わる使い方次第で、メリットにもデメリットにもなる環境適応能力を利用してみるのもひとつの手です。
つまり背水の陣も1つの方法ということです。

その意味では、自分がその時に1番適した問題が降りかかることも、あながち間違いではないのかもしれません。
超えられない壁は出現しないのです。なぜならそもそも問題や壁は自分で作り出すものですから。
逆にいえば、わざわざ他人に作ってもらう必要性は全くありません。出来ると思えば出来るのです。

モチベーションシート

モチベーションシート

チベーションシートをダウンロードしてみるのも一つの手でしょう。
自作もいいかもしれません。夢実現,1日3分夢実現ノート・モチベーションシートは素晴らしいものがあります。
是非1度ダウンロードして活用してみる事をお勧めいたします。きっとモチベーションが中々上がらない時や大学の受験にモチベーションが下がる時、Wikiでただ意味を調べるよりはるかに実践的な理論に即していると思われます。

モチベーションの期待理論は少し難しいですが、モチベーションの理論を本格的に学んでみたい時には必須ともいえます。
他のクレランドの欲求理論、目標設定理論、強化理論、公平理論の1つとして理論を展開したい時には便利です。どちらかといいますと数学的な感じになってしまいますが…

モチベーションのアンケートは、自身を知るためにはいいでしょうし、目標設定も役に立つでしょう。
他にも音楽の曲でモチベーションを上げることも実践的といえます。
曲だけでなくビデオなどは当サイトでも力を入れていきたいところです。
これらは、リーダーシップを発揮するためのモチベーションアップに役立てば何よりです。

モチベーションのあげ方の1つとして、JTBモチベーションはやる気分析システムMSQも多くの企業に取り入れられているようです。
リンクアンドモチベーションの小笹氏もそうですが、仕組みを作り上げ企業に提案していくことが広まっているというのは、モチベーションアップの方法が時代に求められている証かもしれませんね。

つまり裏返せば、モチベーションをあげることは簡単ではないということの証なのかもしれません。

モチベーションクライシスのように、若者達の士気の低下も取り上げられていますが、そりゃ若者達も今の時代を見てあきれ果てモチベーションも上がらないでしょう。
更にぬくぬくとした環境を与えられた日には、モチベーションクライシスという言葉すら彼らにとっては意味をなさないのかもしれません。

ただ時代の流れを変えるのは、いつでも若者達のパワーであることも疑うことのない歴史的事実です。
外部に若者達のモチベーションを骨抜きにされないうちになんとかしなければいけません。
昔のように圧倒的なリーダーシップを持った者が登場し「鬨の声を上げろ~~!」「おお~~~~!!」と簡単にはなるはずもないのですから。

モチベーションのモデルケースをふまえモデル図を描くことは論文や理論には必要なことです。次にそれらを実践でいかに活かしていけるか?ということも重要です。
外部環境に頼るモチベーションアップの構造は、セミナーや本などで一時的にモチベーションを上げたとしても、その後自宅に戻ればいつもの外部環境が待ち受けているのです。それはTVであったり様々です。

経営や心理学におけるモチベーションについて

チベーションは経営にも必要ですが、成果主義のモチベーションアップに弊害があると今ではいわれています。
それもそのはずです。成果主義にはメリットとデメリットは当然あるとしても、日本人向きとはとてもいえないのかもしれません。

心理学といっても民族性もあるのですから一概にはいえません。とはいえ成果主義で実力主義となれば疲れてしまうし、そうでなければ安心から堕落してしまう。
どうすればいいのでしょう?
結局は、そのような方法論では解決できない問題なのではないでしょうか。

モチベーション3.0の本の中でも述べられているように、現代のような多様化した状況に合わせたモチベーションアップの方法も求められていますし、全てはモチベーションを無理矢理やる気を上げていく方法となってしまいかねません。
モチベーションのコラムでも様々なことが述べられているようですが、経営者自身のモチベーションの維持も大変な時代です。

モチベーションをグラフにしてチェックするくらいで丁度いいほどです。その場合は基準値を上げていくことをお勧めします。

他には、モチベーションが上がるアートポスターというのもあります。アマゾンで「モチベーション ポスター」と検索してみると出てきます。
このように芸術は理論を超えてモチベーションの動機付けに役立ってくれるときがあるのは確かです。

組織として全体にモチベーションを上げたいとき元気の出る組織にしたい時、働きアリの法則を思い出してみてください。
結局全部に行き渡らせるには、組織よりも個人に焦点を合わせた方が、一見回り道のように見えて近道なのかもしれません。
モチベーションといっても脳の活動の1つに過ぎないといえなくもないのですから。

モチベーション理論のまとめ

チベーションをアップするためにはその意味を知り理論を分析することも大切です。

例えば本でモチベーション3.0のようなものを読んでみるとか、もっと具体的にモチベーションシートに記入してみる、
その他モチベーションをアップする情報或いはマネジメントする情報は事欠きません。

もしかするとモチベーションを上げるとは結局のところ、モチベーションという言葉から生まれた動機付けられなければ行動できなくなってしまった鎖なのかもしれません。
それすらもうまく活かしていければ大いに役立つことでしょう。

そうバレンタインを生んだビジネスの仕組みのように…
モチベーションアップのための100本ノック『モチ魂』を今すぐ入手!

ダイナマイトモチベーションの動画【youtubeより】
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=DDo3LrL6Cm0[/youtube]


『モチベーションは意識して上げるものではない』
会員さまは全てのコンテンツが観覧可能です。
加えて、『Mypage』より、お気に入りに追加することで、いつでも読み返すことが可能です。

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

Scroll to Top