画で潜在意識のイメージを増幅することは可能なのでしょうか?

もしそうであれば、動画の方が潜在意識の活用を期待できることになりますよね。
今回は、この動画について独自の視点でお伝えしてまいります。

動画について

動画のイメージ増幅装置とは?

画をイメージの増幅装置に変換するには、潜在意識を絡める必要が出来ます。

では、実際にどうすればいいのでしょうか?

動画で潜在意識を絡めるイメージは、2つが考えられます。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


1つは、そのままのイメージ動画であり、
例えば、お金の映像やサブリミナルの映像ですね。
2つめは、解釈の講義形式です。
論理や根拠を持って説得力を増していく手法となります。

どちらにしても、言葉や文章よりも、映像の方が遥かに情報量が多いので、人気がある秘訣といえるでしょう。

確かに文章の場合、空いた時間でサラッと読めるというメリットがありますが、
動画では、それが音声だけでも、文章では伝えにくい雰囲気が伝わります。

その意味においては、私自身も、どちらかと言えば文章を書くより話す方が助かります。
なぜなら、もしあるテーマについて語ってくれ、といわれれば、1日中でも話ができるからです。
その理由で、今はプランとして文章でのお伝えをメインでしておりますが、
将来的には動画で再開する予定をしております。

 

サブリミナル効果のある作成ソフト一覧

会員さまは全てのコンテンツが観覧可能です。
加えて、『Mypage』より、お気に入りに追加して管理することが可能です。