ニーチェの名言2

モチベーション向上のためのニーチェの名言2
like110

モチベーション向上のためのニーチェの格言2

「自分の評判など気にするな」

誰だって、他人から自分がどう思われているか知りたいものだ。
よく思われていたいし、少しは立派だと思われたいものだし、
大切な人間の部類に入れて欲しいものだ。

だからといって、自分への評価を気にするばかりに、聞き耳をたてるのはよくない。

なぜなら、人間というのは間違った評価をされるのがふつうのことだからだ。
自分が思うように、自分が望むように評価してくれることなんかほとんどない。

そういうものとは全然ちがう評価をされてるのがまったくふつうだからだ。
だから腹を立てないためには、自分の評判や評価など気にしてはいけない。
他人がどう思っているかなんてことに関心を向けては絶対にいけない。

そうでないと、本当は嫌われているのに、部長だの社長だの先生だのと呼ばれることに
一種の快感や安心を覚えるような人間になってしまう。

『人間的な、あまりに人間的な』より

→超訳 ニーチェの言葉はこちら

分の評価を気にしないからといって、好き勝手やっていいというわけではない、
ということは当たり前として…

自分を間違ったあるいは正当な評価をしてくれる人にも
それぞれに 事情”というものがあります。
(もちろん自分自身が知らないうちに評価している時もそうです)

事情”というものは絶えず変化していきます。
たまたま気分が悪い時もあるし、良いときもあるし、
自信に満ち溢れている時もあれば、自信を粉々に打ち砕かれた時もあるでしょう。
悩めるときもあるし、うまくいっている時も、いっていない時も…
心とはとてもうつろいやすいものです。

他の観点からいえば、評判や評価が情報の集積として生み出されるのならば、
それは基準が必要で、人殺しなどが法律に触れて評価を落とすことは当然です。
ただ、もしも1万年の基準をおいた時は果たしてどうなんでしょう。
もちろん今生きている時代に応じた基準が必要なのかもしれませんが、
集約して今の状態環境情報量で評価をしたりされたりするのなら、
評価をすること事態はどうあれ、されることをわざわざ気にする必要はありません。

なぜなら気にしすぎていては動けなくなってしまうからです。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

この記事にしても、これでいいのか?
常に自問自答の連続ですが、
何事も失敗の連続を乗り越えていくしかありません。

ただ自分自身が胸をはって生きていけるよう、
日々チェレンジし自身を成長させていくことに
目を向けていきたいものです。
そのためには謙虚に耳を傾けることも時には必要となってきます。

それは人間だけの評価にとどまらず、
動物達や自然、はては地球からの評価まで含めて。

誰でも、未熟なところがあり、
だからこそ…

→超訳 ニーチェの言葉はこちら

ニーチェに関する動画(youtubeより)

有吉弘行のSND 4/25-2 「ニーチェの言葉」を読む

■ブログ:ameblo.jp 2010年4月25日の第4回生放送。テーマは「龍馬伝」「ニーチェの言葉」。 720p (HD) で音質やや上がります。2時間録音。なるべく雑音除去、曲カットしています。 有吉さんの猿岩石時代から11年ぶりのFMラジオのレギュラー番組。 JFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER (サンデー・ナイト・ドリーマー)」。 アシスタントはラジオ番組初レギュラーのおかもとまりさん。 20:00 オープニング20:07 フリートーク20:22 メール紹介20:30 ホメ企画20:40 世界のスッキリ20:50 20時のエンディング21:00 メール紹介21:09 スッキリしないニュース21:20 オススメの趣味21:29 生電話21:40 モノマネ講座/リクエスト21:49 ポエム朗読/エンディング関連語句:ニーチェの言葉 読売新聞 コラム 浜崎あゆみ

  • キーワード : 有吉弘行, 有吉, おかもとまり, ラジオ, ニーチェの言葉, 読売新聞, コラム, 浜崎あゆみ
  • 再生時間 : 9:59
  • 再生回数 : 12178
  • 評価数 : 9
  • 平均評価 : 4.5555553 / 5 ポイント
  • カテゴリー : エンターテイメント
  • 動画追加日 : 2010-04-26

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

Scroll to Top