ニーチェの格言3

モチベーション向上のためのニーチェの格言3
ニーチェ格言

『1日の終わりに反省しない』

仕事を終えて、じっくりと反省する。
1日が終わって、その1日を振り返って反省する。

すると、自分や他人のアラが目について、ついにはウツになる。
自分のだめさにも怒りを感じ、あいつは憎たらしいと思ったりする。たいていは不快で暗い結果にたどりつく。

 なぜかというと、冷静に反省したりしたからなどでは決してない。単に疲れているからだ。
疲れ切ったときにする反省など、すべてウツへの落とし穴でしかない。
疲れているときは反省をしたり、振り返ったり、ましてや日記など書くべきではない。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

-----

⇒[新]潜在意識活用法-潜在意識のブロックを外す意外な方法

 活発に活動しているとき、何かに夢中になって打ち込んでいるとき、楽しんでいるとき、反省したり、振り返って考えたりはしない。

だから、自分をだめだと思ったり人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。
そういうときはさっさと自分を休ませなければいけない。

「曙光」より

→超訳 ニーチェの言葉はこちら

々頑張らなければという思いにせき立てられていく、日々反省し向上していかなければいけないという、
このような社会の中で生きていると、「反省をするな」なんてニーチェのこの言葉は一見逆を言っているようにみえます。

しかし最後まで読んでみると納得できます。
つまり…⇒こちらはアップデートされ、ここへ移転しました

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

上部へスクロール