文字の読み書きを出来ないにも関わらず、億万長者になったトムハーケンをご存知でしょうか?
アメリカで権威ある、オレイショアルジャー賞を受賞した人です。

今回は、チーズバーガーしか頼まない億万長者の話を少しだけご紹介しましょう。
ハンバーガーしか頼まなかった億万長者

 

チーズバーガーしか頼まない億万長者とは…

彼は、デートの時もチーズバーガーしか頼まなかったそうです。
なぜなら、文字を読めない事を知られないためでした。

なぜ彼は文字の読み書きが出来なかったのか?

それはハーケンの両親も文字の読み書きが出来なかったからです。
しかも学校で先生に馬鹿にされた事をキッカケに辞めてしまったので、学ぶ機会がなかったのです。

ある日、彼の彼女「メルバ」と一緒にレストランに行った時、些細なキッカケで、
文字の読み書きを出来ない事がバレてしまいました。
それで、彼は思い切ってメルバに打ち明けたところ…

メルバは「あなたがあなたであることに変わりはないわ」
と言ってくれたのです。

そして二人は結婚し、メルバがトムの代わりに読み書きをして、パートナシップを発揮していきました。

ハーケンは読み書きが出来なくても困らない営業をしていたのですが、
また「読み書き出来ない」ということが、あるキッカケでバレてしまい、ビジネスの上でとても傷ついてしまいました。
その後、お酒に溺れる彼を、メルバは支え続けました。

そのかいあって、ハーケンは徐々に立ち直り、営業に対する見方をかえました。
その後、みるみるうちに成績を上げ、メルバと2人で、キャンピングカーの販売店の権利を購入することになりました。
すると、ハーケンは、話すことの才能を伸ばし始め、彼の販売店は全米でも有数の販売店になったのです。

その頃ハーケンは、幼いころ父といったレストランの事を思い出していました。
「いいなぁ。こんな所で働けたらな…」
幼かった彼は、そう思っていました。
文字の読み書きを出来ない事がばれないよう、チーズバーガーばかりを頼んでいたことも、影響していたのかもしれません。

そしてその後、それまで築いた資産を全てつぎ込み、メキシコ料理のレストラン「カーサ」のオーナーになったのです。
充実した毎日を暮らしていたその頃、また読み書きできなないことで、問題が起こりました。

それは、二人の子供から読み書きを頼まれた事です。
メルバは精一杯フォローしてきましたが、その事で、子供たちは「パパは自分たちを嫌いなんだ」と勘違いしてしまいました。

するとメルバ決心し、ハーケンに「あなたはこれまで家族の為に精一杯やってくれたわ。今度はあなた自身のために、文字の読み書きを一緒に克服しましょう」と提案したのです。
ハーケンは快く了解しました。
しかし、40才からの文字の読み書きを覚え始めるのは、想像を絶するほど大変なことでした。
普段の生活に支障がないからこそ、コンプレックスを複雑にしているのです。
世の中では、読み書きできないだけで、スタートラインすら立てない環境も多いといえます。
ある報告では、16歳までに読み書きできない人は、死ぬまで出来ないという数が4000万人いるといわれているようです。
ハーケンもまた、深いコンプレックスを抱えていました。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


ハーケンは後のこう言っています。
あなたが目標に対してひたむきな態度だったのなら、
必ず助ける人が現れる。
わたしにとってそれはメルバでした。」

メルバも「夫に読み書きを覚えさせる」という強い目標があったからこそ、継続できたのです。

目標を協力するパートナーの存在は、何よりの存在であり、とても大きな力を発揮します。
そしてありのままに自分をさらけ出す事は、大切な事です。

ハーケンはオレイショアルジャー賞を受賞する時も、読み書きできない事がバレることに躊躇しました。
しかし、この事が「他の読み書きできない人達の勇気になれば」との思いで、望むことを決めました。

そして、息子達にも読み書きできなかった事を話したのです。
すると子供たちは…
「パパこそオレイショアルジャー賞に相応しいよ!僕たちは誇りに思う!」
と言ってくれたのです。

オレイショアルジャー賞での、ハーケンのサクセスストーリーの告白を、聴衆は固唾を呑んで見守ったのです。
スピーチが終わった時、大きな拍手と感動が渦巻きました。

ハーケンもまた、過去の不遇に囚われていませんでした。
「過去の不遇は、僕の力を高めてくれた」

その後の彼は、多くの人に、コンプレックスと向き合い克服する勇気をたたえていったのです。

1つの単語を読めるようになるたびに、屈辱は誇りに変わるでしょう。
あなたの口にする一言は、「助けてくれませんか?」です。
すると、誰かが必ず助けてくれるでしょう。

一人では成し遂げられません。

一人で頑張りすぎないこと。
「Do not work too hard!(頑張りすぎないで!)」

相手を信頼して、素直に助けを求めること。

あなたがありのままの自分を認めて、目標と希望を持ち続ける、ひたむきな姿を見せることができれば…
必ずあなたを支えてくれる人が現れます。

目標と希望を持ち続けるあなたを見るだけで、支えてくれる人も大きな力を発揮できるのです。

何を食べるか?ではなく誰と食べるか?
が喜びの基本です。

人と人の繋がりこそ大事だといえるでしょう。

とびっきりの成功を収めている人の共通点だといえるのです。

さぁ、あなたもこれから…

「フォーカスする方法、フォーカスし続ける方法を学べば、成功までの道のりは通常の半分ですみます。この本はそのノウハウを教えてくれます。起業したばかりの人にとっても、生産性と収益を最大限まで伸ばそうとしている事業主にとっても、『富を手にする10の戦略』はビジネスのバイブルたる本です。わたしはメキシコ料理のレストランを11店舗もっていますが、もし何もかもが入っている『エンチラーダ』をお望みなら、この本を読むにかぎります!」
“The Millionaire’s Secret”の著者
ホレイショ・アルジャー賞受賞
トム・ハーケン