在意識で治療を潜在意識で施すことなんて、ほんとに出来るのでしょうか?

今回は、潜在意識と治療の関係について、独自の視点でお伝えしてまいります。
治療について

潜在意識で治療の効果を上げるには?

療に潜在意識を活かす、といえば思い浮かぶ方法として、
心霊療法というものがありますが、個人的には微妙だと考えております。

なぜなら、曖昧さが頭をよぎるからです。
曖昧さが漂う中、内蔵に関わる手術をオススメするわけにはとてもいきません。
呼吸法と合わせた気功が、健康法としてはまだ信頼性においてはマシだと思います。

それよりも、プラシーボ効果の方が、遥かに現実的だといえるでしょう。

権威のある人の言うことを信じ、実際に不思議な効果が出た、ということはよく聞く話です。
なぜなら、それがお医者さんの役割りといえるほど、予想で処方箋を出しているからです。

偽薬については論理性など様々な見方がありますが、
少なくともボロボロの普段着を着た人から処方された薬と、
白衣を着た人から渡された薬では、効果が違ってくるのは当然だといえます。

その意味においては、潜在能力を発揮するためには、信じる力が必要だといえるでしょう。

何かを強く信じる力は、治療においても、免疫力アップについても、とても役に立つわけです。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


ただ、間違ったものを信じてしまうことで、逆のリスクもあることも同時に知る必要があります。
例えば、治療の副作用を心配しすぎる事で、実現してしまうこともあるのです。

治療以外では、自己都合の解釈で信じてしまう事を、他人に利用されてしまう事があります。
これは霊感商法を始め、宗教もさえもある意味では、
治療だけではなく思い込みにより、幸福感さえも得られる場合があるでしょう。

人の心とは、信じて疑わないことで、どんな事でも肯定的に捉えることもできるわけです。
この心理状態を十分に理解した上で、治療に役立てていきたいものですね。

現在分かっている範囲で、脳医学の分野からの根拠を話せば長くなりますので、
全てはしょって、分かりやすくまとめると…

プラスに思考することで、全ての細胞が健康へ向かう
マイナスに思考することで、全ての細胞が病気へ向かう

ということが証明されてきております。

結論として、西洋医学、東洋医学、潜在意識に関わらず、
バランスよく、状況に応じて柔軟に活用していくことが望ましいといえるでしょう。

是非、この記事をキッカケとして、治療や予防のヒントしていただければ幸いです。

 

潜在意識と治療についての追伸

在意識と治療について、こちらにも詳しく記載しました。

病は気から?その本当の意味

会員さまは全てのコンテンツが観覧可能です。
加えて、『Mypage』より、お気に入りに追加して管理することが可能です。