カテゴリー
ノウハウ 伝え方

声の出し方を変えると人生が変わる!その3つの秘訣とは

声の出し方について
普段あなたは、自分の声を意識して生活していますでしょうか?
恐らく、声優さんなど声を使う仕事でない限り、殆ど意識していないと思います。
あえて言うなら、風邪でゴホンゴホンした時には、声の調子を気にするのではないでしょうか。

これまでに、言葉の重要性は、何度かお伝えしてまいりました。

実は、声の調子は言葉の使い方と同じくらい大切なのです。
声を意識して出し方を変えるだけで、人生が変わるといってみても決して大袈裟ではありません。

「え~ホントにそうなの?言い過ぎでは?」

と思われたのなら、試しに明日から全てを怒鳴り声で話してみてください。
想像してみるとお分かりだと思います。

そうですね。

余計な争いが増えることでしょう。
気分も何か興奮したような状態が続くことで、とても疲れるかもしれませんよね。

このように、声の出し方は、様々な所で影響を及ぼします。
にも関わらず、意識していない人が多いのも事実です。
なので、ここであなたが今から声の出し方を意識するだけで
他の人よりも、一歩も二歩も抜きん出ることができるのです。

声の発し方の重要性が理解できたところで、せっかくなので、
今回は、声の出し方において、気をつけるべき3つの秘訣を簡単にお伝えしますね。

実はわたしは、子供の頃から声に対し非常に興味がありました。
アニメを観るときも、声優さんばかりが気になり、
音楽を聞くときにも、セリフやメロディよりも、声の出し方ばかり注意して聞いていたのです。

なので、必然的にものまねにも興味が沸き、小学校が自宅型遠かったということもあり、通学中は歌ばかり歌いながら通っていた事を思い出します。

それでは、始めてまいりましょう。

声の出し方とは

声の出し方を変えると人生が変わる3つの秘訣とは

先に答えを言いますね。

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

1,呼吸法
2,発声法
3,表現法

この3つになります。

ここでは長くなってしまいますので、簡単に解説してまいりましょう。

まず、呼吸を意識することです。
なぜなら、声とは空気の振動で伝えているからです。
腹式呼吸や、逆複式を意識してやるだけでも、声量が違ってくるでしょう。
音量の強弱も、呼吸でコントロールしていきます。
この位は、カラオケ教室をはじめ、一般的にも知られているかもしれませんね。

2つ目の発声法は、喉の使い方を学びます。
絞ったり広げたりして、響かせることです。心地よい音色を意識するだけで違ってきます。
例えば、子供の頃、音楽の時間に習った縦笛を思い出してみるといいかもしれません。

3つ目の表現法に関しては、いくらいい声が出るようになり、ハッキリと聞き取りやすくなったとしても、
声に心を乗せないと、デジタル音のように、素っ気ない声になってしまいかねません。

まだまだ具体的なトレーニング方がありますが、今回はこの辺で。

オマケ

相手と話す時の声の出し方の秘訣を1つだけ、特別に添えておきますね。

相手の胸を見ながら、相手の心の中(身体の中心)に向かって話しかけるイメージで声をだすようにしてみてください。
これだけで、相手への伝わり方は、グッと違ってくると思います。
もし、男性で異性に対しての場合、胸ばかり見る事で勘違いをされかねませんので、
その場合には、相手の背中、つまり相手を突き抜けた向こう側を意識して話すようにすればいいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

今回は少しだけしか触れませんでしたが、声が変わることで、
明日からのあなたの人生に、少しでも良い変化が訪れることを願っています。

ありがとうございました。

それでは、またお逢いしましょう。

※宜しければ、潜在意識革命の音声解説も聞いてみてくださいね。

作成者: 山田將捲

んにちは!運営者の山田將捲です。

これまでの3000人以上をサポートしてきました。

メンタル面は元よりネットビジネスのサポートならお任せください
ご縁に心より感謝申し上げます。
赤飯と蜘蛛が苦手です。 スパゲッティが大好物。
小さなことにこだわらず、小さなことをおろそかにしません。
あなたの夢を叶える事をお約束します。そのお手伝いが可能です

⇒【はじめての方へ-案内板はこちら】

運営者からご挨拶音声

サブリミナルCDランキングはこちら