子どもが育つ魔法の言葉

鏡の法則~もし子供が…

の法則とは、与えたパワーが、そのまま返ってくる法則です。

ここでは、少し違った角度から、鏡の法則を理解するための手助けとなる言葉を紹介したいと思います。

鏡の法則が生じる世界で生きている私たちにとって、鏡の法則とはいえ、自分のせいでもなければ、自分以外のせいでもない。
より良き方向へ歩んでいくために、参考に出来ることからは大いに学んでいければ…
まずは、それでいいと思います。
それでは、社会において、そして私達の人生における鏡の法則を理解する手助けとなる言葉をご紹介しましょう。

子どもが育つ魔法の言葉
鏡の法則を理解する手助けとなる ドロシー・ロー・ノルト博士の言葉

「もし子供が、批判ばかりを受けて育ったなら、誰にでも批判をするようになります」

「もし子供が、敵対する心に囲まれて育ったなら、誰とでも戦うようになります」

「もし子供が、みじめな思いをして育ったなら、恥ずかしがり屋さんになります」

「もし子供が、心の広い人に育てられたなら、我慢強くなります」

「もし子供が、励まされて育ったなら、自信を持つようになります」

「もし子供が、しっかり守られて育ったなら、人を信頼する心を持つようになります」

「もし子供が、認められながら育ったなら、自分を好きになります」

「もし子供が、公平な心の中で育ったなら、正義感を持ちます」

「もし子供が、褒められて育ったなら、感謝することを覚えます」

「そしてもし子供が、なごやかで、和気あいあいとした中で育ったなら、 この世界はいいところだな、と思うようになります」

ドロシー・ロー・ノルト博士の言葉より

※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク

鏡の法則を使った、子どもが育つ魔法の言葉

参考になると思います。

内容紹介
世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブルが待望の文庫化! 子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントがこの本にあります。親は、子どもにとって、人生で最初に出会う、最も影響力のある「手本」なのです。子どもは、毎日の生活の中で、よいことも悪いことも、親から吸収していきます。
本書は、よい子を育てるために親が知っておかなければならない知恵が、誰もが共感できるシンプルな言葉で綴られています。「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」「見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる」「認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる」「和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる」など、子育ての不安を解消する魔法の言葉がいっぱいです。
自信を持って子どもに向き合えるようになるに違いありません。

レビューより

育てること”をしている人たちの必読書
著者のドロシーさんの詩にこの本のすべてが要約されています。
「子は親の鏡」
けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは正義感のある子に育つ
やさしく思いやりを持って育てれば、子どもはやさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
子育てに知恵が実例を交えながら語られています。
すべての人にふれてもらいたい良書です。
僕も人に接する時のバイブルとして、いつでもなんでも読もうと思います。

 

会員さまは全てのコンテンツが観覧可能です。

潜在意識を自由自在に変換

直ぐに!

いとも簡単に…その悪魔的手法とは

Scroll to Top