最後の授業(youtube)後の授業をあなたも受けてみませんか?
人生は同じ日の繰り返しのように見えて、あっという間に過ぎ去っていきます。

もしあなたが、死期を悟ったなら、その死までの時間をどう生きますか?

やっぱり大切な家族と過ごしたいし、出来れば楽しく過ごしたいと思うかもしれません。

そこまで実感が沸かないとしても、現在の状況において、あなたの前に何らか壁立ちふさがっているなら、もしくはこれから何かを成し遂げたい、だけど何から手を付けていいのか分からない、ということでしたら、これからの1時間で気づきを得られるかもしれません。

それは、この動画を観てみることです。
※もう6年も前にアップされた動画なので、既にご存知かもしれません。だとしても、再び見る価値は十分あるでしょう。

最後の授業~ランディ-パウシュ

後の授業について、最後の授業とは、どのような内容なのでしょうか?

amazonの内容紹介より抜粋
「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁は、僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」。

2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。ハイテクの街として知られるこ­の地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った­。
教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。バーチャルリアリティの第一人者と称される­人物だ。最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、実はこのとき、彼には長年親­しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。膵臓から肝臓へと転移したガン細胞­。医師から告げられた命の刻限は「あと3カ月から半年」。
こうしてパウシュの最後の授業は始まった。スクリーンに映し出された演題は『子供のこ­ろからの夢を本当に実現するために』。それは、学生向けに講義をするふりをしながら、­まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった——。
アメリカではネット動画にアップされるやまたたく間に600万ものアクセス数を獲得し­たという、心揺さぶられるメッセージ。


※小休止 ⇒なぜ、自己暗示は危険なのか?

スポンサードリンク


ランディ・パウシュの「最後の授業」1

ランディ・パウシュの「最後の授業」2

ランディ・パウシュの「最後の授業」3

ランディ・パウシュの「最後の授業」4

ランディ・パウシュの「最後の授業」5

ランディ・パウシュの「最後の授業」6

ランディ・パウシュの「最後の授業」7

ランディ・パウシュの「最後の授業」8

ランディ・パウシュの「最後の授業」9

最後の授業から学べるものの1部

人生をどう生きていくべきか?

  • 批判は大切に役立てる
  • 人の良いところを探すこと(時間がかかってでも)
  • 夢の実現、他の人の夢の手助け
  • 子供の頃の夢を本当に達成すること
  • シンプルな事実
  • 何年たっても気づきを得られる
  • 他人の成功を喜べる

世界の人々は真実の語りてを求めている
あなたの、いくたの困難を乗り越えてきたサクセスストーリーを、世界中の誰もが待ち望んでいる

会員様は全てのコンテンツが観覧可能です。
加えて、『Mypage』より、お気に入りに追加して管理することが可能です。